HOME e心とは? エコノート ニュース 活動紹介 お問い合わせ

Check it out!! 最後に更新した日:2011/12/16



■ ニュース
 ただ今、企画計画中!お楽しみに★




013-最近のブームや気になるエコニュース




グリーンIT

 どうも、お久しぶりです!!



前回いつ書いたのかも分からない位長い期間が空いた磯田です。



 


ここからはいきなり本題に入りますが、皆さんはタイトルにも書いたグリーンITという言葉を知っていますか?



このグリーンITという言葉は、今日私達の生活を支えているネット社会、このネット社会を支えるIT機器が膨大な電力を消費し、地球温暖化を助長すると心配されているため産業界が近年取り組んでいる、機器の省エネ化のことです。



経済産業省によるとIT機器の電力消費量は、'06年には国内発電量の約5%を占めており、これが25年には20%にまで増える見通しです。特にメールや会計などのソフトウェアを自分で持たずネットを通して処理するクラウド・コンピューティングという利用法が普及すると情報拠点となるデータセンターの消費電力が増えます。アメリカ合衆国ではデータセンターの消費電力が06年から5年間で原発6.5基分増えるといわれています。消費電力の半分は、予測できない停電を防ぐ装置と機器冷却などに使われており、メーカーは電源システムの省エネや冷却しやすい機器配列の模索をしているそうです。



話は変わりますが続いて問題です。



世界一低燃費の燃料電池車が東京都内で開かれた「国際水素・燃料電池展」で日本初公開されました。では、世界一低燃費の燃料電池車をガソリンに換算すると1リットルで何キロ走るでしょうか?



 



正解はなんと5380キロメートル!!しかもこの車は燃料電池車なので大気を汚染する心配もありません。このような車が早く一般に普及すればいいと思います。日本のトヨタやホンダもプリウスやインサイトといったハイブリッド車を発売しています。



今日様々な業界で環境に配慮した商品作りや取り組みを行っていますそういった情報を上手に取り入れて活用したいものです。



少し硬い文章になってしまいましたが最後は春を感じてもらおうと思います。



 



 





20090228130530.jpg 



 



 





20090228130923.jpg 



以上、磯田佳孝でした。



コメント
コメントする