HOME e心とは? エコノート ニュース 活動紹介 お問い合わせ

Check it out!! 最後に更新した日:2011/12/16



■ ニュース
 ただ今、企画計画中!お楽しみに★




015-好きなこと+○○=エコ




好きなモン

こんにちは、年中メガネのもっさんこと竹本です! いやぁJUGEMのブログになってから文字の色変えたり文字デッカくしたりできるんがオモロいねぇとか遊んでみたり^^ 相変わらずサークルの良さを書いても良いんですが、皆さん書くことが似たり寄ったりにも感じてきたんで、今日は自分ごとですが、自分の好きな趣味、最近憧れているある国に関して綴ろうかなぁ思います。  さて、早速ですが・・・ 皆さんは本は好きですか?どのくらい頻繁に読んでいますか? 今年は自分の無知を5月に思い知り、読書に明け暮れる日々を過ごしました。(というほど読んでませんが) 高校時代まで、ノルマみたいに学校課題をこなすべくしか読まなかった自分にとって苦痛でしかなかった読書が、今では少なくとも月に2冊は読むようになったので驚きですね。 自分は基本的に教養本しか読みません。しかし冬休みに入って時間も出来たので、がっつり長編小説「坂の上の雲」なんかに挑戦しています!現在NHKで放送されているヤツですね(私テレビ無いですが) 本から教わることは多いです。当たり外れもありますが、何かしら自分の中に“指標”が出来ます。最近の自分の言動で「これが当たり前!」という固定概念が無くなって来たのも、一理あるのかな?わからん。でも自分の知らない世界、考えを知るんは楽しい。ほんとに。余裕のない工学部ですが、この時間はもう譲れんねぇ。  この流れで次に・・・ 本を読むのが一番好きな国はどこか知っていますか? それは北欧、フィンランドです。最近授業で習い、その国の魅力に惹かれてつい昨日、そこでの生活をされていた日本人が書いた本を購入しました!夢中になって読み過ぎて、一晩で読破w なんか興味から憧れへと変わりつつあります。 話をもどしますね。 フィンランドは知っている方もおられるかもしれませんが、非常に頭の良い国です。経済協力開発機構[OECD]の過去数年間のデータによると、15歳児の学習到達度調査[PISA]の結果において総合1位を取っている国です。そんな国だからなのか、読書が好きな人ばかりだそうです。全人口の年間平均読書数が20冊以上、1日に読む時間の平均が1時間以上とのこと。 僕の興味はそれだけではなく、とりわけ子どもの“生き生きした目”に僕は一番惹かれました。 勉強が出来るのは、中国みたくスパルタ教育があるからではない。日本のように教育産業(塾など)が栄えている訳でもない。単純に“授業が楽しい”ようだ。もう少し背景を詳しく説明してもいいが、おおざっぱにまとめると「政府が教育に掛けている重みが強い」のだ。 まぁそんなことはどうでもよく、子どもが楽しい環境で学べることが僕は本当に素晴らしいことと思う。 今年は特に子ども向けのイベントを行なってきたが、不思議なほど「楽しい」=「学ぶ」ことに比例しているように感じてならなかった。フィンランドが良い実例だと思う。  今回まったく“環境”に触れていないけど、「イベントを作る者として」としてかな? 「楽しい」ことって大事なことやと思う!今後も意識せなね!

1